いつチャンスが来てもいいように準備はしている

先日野村克也さんの書いた本を読んでみた。すると、彼は日本のプロ野球の将来を憂いていたのだが、それは、どんどん素晴らしい日本人プロ野球選手が海を渡って
メジャーリーグに行ってしまうということらしい。野村さんの現役時代は周囲にいい選手がいて自分が悩んでいた時お手本にすることが出来たが、
現在は皆メジャーに挑戦してしまうのでそのようなことが出来にくくなっていると言うのだ。確かに、彼の言葉に納得だ。しかし時代が変わったと言えばそれまでだ。
プロ野球選手なら、自分の実力を試すためによりレベルの高い世界へ行きたくなるのは仕方がないと思う。むしろ、私は挑戦をせず楽な環境に居続ける方が
問題とは言わないが残念だと思う。まあ人それぞれ訳があるだろうけど。
昔、誰かが言っていたのを思い出した。「やってみて失敗してから後悔するより、やらなくて後で後悔する方が怖い。」と言う言葉。
この言葉を聞いてから、チャンスが来たら挑戦しようという気持ちを頭の片隅に置いている。まだ、その機会は残念ながらまだ訪れていないが。スマホキャッシング 即日