日の実行と野心について勉強してた

太陽などについて勉強しました。黒点のがたいは、1000〜頭数万kmくらいで初めは悪いが徐々に大きなものに成長することがあります。黒点のアベレージ寿命は10日程ですが、大きな黒点では寿命が2か月になるカタチもあります。黒点を一年中計測すると、そのエリアが徐々に西へ移動していくように見える。これは太陽が自転やる結果であり、黒点のはたらく速さから太陽表層の自転サイクルがわかります。地球から見た太陽の自転サイクルは赤道地点で最も速く約27日、高緯度では約30日だ。緯度によって自転サイクルがことなるのは、太陽が固体ではなくガスであるために生じる実態だ。長期間にわたって黒点の頭数を計測すると、約11ご時世のサイクルで黒点の頭数が増減やることがわかります。黒点がとくに多いときは太陽の行為が活発な時であり、こういう時を太陽行為の巨大期と済む、黒点の少ない時を極小期といいます。このようなことを覚えましたが、勉強できて良かったです。

コケ植物やシダ植物などについて勉強をした

勉強をしました。被子植物は、生活の大部分を複相世代の植物体で過ごし、有性生殖時に単相世代の花粉と胚のうをつくります。被子植物では、花粉の精細胞と胚のうの卵細胞が受精して胚がつくられます。このように複相世代と単相世代を交互に繰り返すことを世代交代といい、世代の移り変わりを段階的に環状に示したものを生活環といいます。私たちがふつうに見るコケ植物(スギゴケなど)の生活の主体は、雌株と雄株で単相の配偶体(配偶子をつくって生殖を行う生物体)であり、種子植物では胚のうと花粉に相当します。複相の胞子体(減数分裂によって胞子という細胞をつくって生殖を行う生物体)は小形で、配偶体上に寄生状態で生活しています。一方、シダ植物(ワラビなど)の生活の主体は、複相の胞子体です。葉の裏側にある胞子のうから放出された胞子が発芽したものが単相の配偶体です。配偶体は、種子植物の胚のうや花粉に相当します。とても勉強になりました。