キャベツで浅漬けを作ってみました。おいしかったです。

今日は、キャベツが食べたいなーと思い、浅漬けのもとを買ってきて浅漬けを作りました。キャベツを切って、浅漬けのもととキャベツを袋に入れてもんで冷蔵庫に入れて出来上がりです。とっても簡単に作れておすすめです。浅漬けなので、ほどよいしょっぱさで、とってもおいしかったです。おいしいので、ぱくぱく食べられて野菜不足解消できました。なんか肌もすべすべしてきたみたいで、嬉しいです。キャベツは、美容と健康によいので、浅漬けにして、たくさん食べたいなーと思います。千切りもいいけど、浅漬けもおすすめです。キャベツだけで、こんなにおいしく食べられる浅漬けのもとって、すごいなーと思います。家族にも好評だったので、これから、きゅうりやキャベツを浅漬けにして、毎日食べようと思います。美肌になれるといいなーと思います。これから我が家では、キャベツの消費量が増えそうです。簡単でおいしくて、浅漬けのもと買ってきてよかったです。musseヒゲ脱毛

赤ん坊の豆バスケットボールの学習観戦に行ったこと

乳児のミニバスケットボールのクラブ発達を見に行ってきた。あしたが形戦なので、コーチの指摘も熱情があった。ミニバスケットボールでは、パーツディフェンスがだめとのぼる。マンツーマンディフェンスをお互いにするのだが、そうすると1対1の状況が多くなり、そこそこ個人のパワーや体型が品物をいうようになる。しかし、うちのクラブは体型の小さい子が多いし、高学年が乏しい。1対1で闘争されるとやむを得ず食い分が酷い。そのため、スクリーンプレイを使った2対2の状況を作って攻める発達を行っていた。祖の発達を見ていて、適正、焼きもちした。焼きもちという陳列は、大仰かもしれないが、せめてねたましいと思った。自分の学生時代に、あのように指摘をうけたかったと思った。子供たちも怒られながらも、何流れもスクリーンプレイからの合わせレクレーションを練習して、これを明日の形戦で実践できると良い結果が生まれるとおもう。勝ち進み3周辺までに、はいるとトロフィーやメダルをいただけるとの現象。女房たちの自負にもなるので、良い結果で終われると良いなと思った。